アフターピルは知っておいてほしい

アフターピルは知っておいた方が良い

今の若い娘にこそ、アフターピルを知っていてほしいと思うアラフォーの話を読んでもらえるといいなーと思っています。汗
私が全盛期の時はアフターピルはあまり知られていなかったか、私が疎かったので性交後でも避妊が出来るなんて思いませんでした。

でも最近ではアフターピルが結構ラクに手に入って、女性側でも手軽に避妊が出来るんですね。まぁ、手軽といっても通常の流れに反することを身体で起こすので、その分負担はありますよー。

アフターピルは避妊具を使い忘れたり、ピルを飲み忘れて性交をした後に飲むことで避妊する薬です。そんなアフターピルでもアイピルは結構多くの女性に使われているので安心感はありますよね。このアイピルはアフターピルを使用している人以外にはあまり知られていない上に、市販はされていません。

しかし、病院からも処方されるノルレボと効果の面では劣ることなく、女性は常備していると安心です。アフターピルの代表としてアイピルの使用法、効果、副作用、購入方法についてご説明したいと思います。
アフターピルは身体に負担を与える
1.【アイピルの効果】
アイピルは性交後に飲む緊急避妊薬ですが、性交後72時間以内に飲まないと効果は薄れてしまいます。
効果としては新緊急避妊薬LNG法の実験によって、性交後24時間以内の服用で95%の避妊が確認されているといいます。

LNGとはレボノルゲストレル、つまり黄体ホルモンの事を指し、アイピルの主成分に当たります。
この黄体ホルモンは、排卵を抑制することで妊娠を防ぐ効果と子宮内膜の増殖を止めることで、受精卵が出来ることを防いでくれる効果があります。

先述の通り、アイピルはノルレボのジェネリック医薬品ですが、主成分であるレボノルゲストルが同じなので、避妊効果は同じであり、安全性も信頼出来るものです。

このアイピルはまだあまり知られていない上に、市販はされていません。
しかし、ノルレボと効果の面では劣ることなく、信頼出来る薬なので持っていると安心です。

アイピルを飲むと、黄体ホルモンの働きで生理を促します。それで、例え受精卵であっても子宮への着床を阻む事で避妊をします。

2.【アイピルの使用法】
アイピルは避妊をせずに性交した後、72時間以内に飲んで下さい。
水かぬるま湯でアイピル1錠を服用します。

ただ、吐き気を催す人もいるので、空腹時の服用は避け、なるべく食事の後に服用することをお薦めします。
もし、アイピルを飲んでから2時間以内に戻してしまった場合は、もう1錠アイピルを飲む必要があります。

どうしても吐き気を強く感じてしまう体質の場合は、市販の酔い止めの薬と一緒に服用すると良いでしょう。

3.【アイピルの副作用】
ノルレボのジェネリック医薬品で成分が同じであるだけに、副作用もノルレボと同じです。

一番多い副作用は出血です。
これは先程述べた通り、アイピルの主成分である黄体ホルモンが擬生理の状態を作るからです。
この出血が起こるのも人それぞれですが、大体は服用後3~4日から2週間後迄です。しかし、中には3週間後に出血するというケースもあります。

もし3週間を過ぎても出血が無い場合は妊娠の可能性もあるので、念の為産婦人科で診察を受けましょう。
その他、不安な点がある場合も産婦人科の医師に相談することをお薦めします。
その他の副作用としては、頭痛、吐き気、倦怠感があります。

又、黄体ホルモンの働きで生理前の体調になる為、基礎体温が上がって熱っぽく感じる女性もいます。

4.【アイピルの購入方法】
ノルレボは産婦人科でしか処方されません。しかも保険適用外なので、1箱(1錠)で10,000円~15,000円程掛かってしまいます。

そして、アイピルは現在海外個人輸入でしか手に入りません。
個人輸入はあくまで購入した本人の責任となりますが、今では随分一般的になっているので、個人輸入で品物を購入している人も多い事でしょう。
通販でアフターピルを買う
アイピルは、現在世界中で最も使用されている緊急避妊薬ですから、安心・信頼して個人輸入が出来ると思います。

又、価格も産婦人科でノルレボを買うより1/3~1/5の価格で購入することが出来ます。

性交中に避妊具が破けてしまった、妊娠を望んでいない時の性行為に備えてアイピルを常備していると、中絶と言う身体に負担を掛けることなく妊娠を防ぐことが出来ます。
吐き気が強く出そうな人で2時間以内に吐き出してしまったら、もう一度飲まないと効果はありません。なので、2箱(2錠)持っておくと安心です。

ノルレボは保険適用外なので、日本の病院で処方してもらうととても高額になります。
それよりは、成分が全く同じながら手頃な価格、海外でも信頼され、女性たちに使われているアイピルを上手に使って避妊する方がお薦めです。

女性たちには、アフターピルを知って自分自身の心と身体を守ってほしいなと個人的に思っています。

※参考サイト※ピル通販便