悩む女性

避妊成功の秘訣!それはアイピルの服用方法を守ること

「しまった、避妊し忘れた!」なんてことも、その場の流れによっては起きることがあります。
その際にはどうにかして避妊成功をさせたいですよね。
そんな、避妊成功の為に必要なことは、アフターピルであるアイピルの服用方法を守ることが大切なのです。
そこで、ここでは、避妊成功の為に必要な、アイピルの服用方法を守ることについて、詳しくご紹介しましょう。

1.【アイピルの容量を守ろう】
アイピルはアフターピルというくくりですが、結局は薬です。
皆さんも、一生のうちに薬を何度か服用したことがあるかと思いますが、その際に既定の量以上を常に飲み続けるということはなかなかしたことがないと思います。

そんなことを、アイピル服用時にもするのはやめてください。
ホルモンバランスが余計に乱れてしまい副作用も大きく、さらに体に負担もかなりかかりますので、これは注意が必要です。

知っておくべきことはアフターピルは、12時間に1錠飲むという2錠1パックタイプのものが多いのですが、アイピルの場合は1錠で大丈夫なように設定してありますので、既定の量以上飲むのはやめてください。
体に悪い影響を与えたり、逆にアフターピルの効果がもたらせなくなるので、絶対に1錠ということを守って下さい。

2.【アイピルは持病を持っていない人が使うもの】
例えば今、持病を抱えているという人は少なくないはずです。
そういった人がアイピルを含んだアフターピルを使用するということは、危険なことでもあり、効果をもたらさないこともあります。

その持病の例として子宮がんなどの女性器官系のがんを持った方、さらに糖尿病の方や偏頭痛の方など、日頃からそういったことに対して薬を使っているという方はアフターピルを服用することで、命の危険にさらされることもあるので自分の判断で薬を併用してはいけません。そういった場合は必ず医師へ相談して、服用するかどうか決定しましょう。

他にも高血圧の方などは、色々な薬を避けるように言われているはずですので、そういった方がアイピルを使ってしまうと、女性ホルモンのバランスを大きく乱しますから、非常に危険なのです。

避妊成功どころか、違う意味で病院に行くことになってしまうので、もしこれを使用するという場合は、必ず医師に相談することで、別の解決策をくれたりアイピルが使えるかどうかなどを教えてくれるので、自己判断で使わないことが命のためにもおすすめです。

3.【アイピルを使う時間を守ること】
「アイピルを使ったのに妊娠してしまったのだけど」という人の体験談で多いのが、
使うべき時に使わなかったからです。

避妊成功のためにはアフターピル、どれもそうですがそれを使う時間を守ることがマストです。
基本的にアフターピルというのは、性交したその時から48~72時間後にこれを服用するということがマストとなっています。この時間が早ければ早いほど効果があるというわけではないのですが、気持ち的に安心することができるので、早めの使用をおすすめします。

よくあるのが使用時間を守らないで、アイピルを服用するということです。
例えば性交した後、96時間後くらいにそれを飲んだとしましょう。
それで効果がないと言っても、これは理由になりません、性交後72時間以内に飲むことであなたが求めるような効果が出るので、それ以外の時間で飲んでしまうと、全く意味はないのです。
時間、時計

4.【アイピルを飲む時には時間の余裕を持とう】
アイピルもそうですがアフターピルを飲む際には、時間に余裕を持つということも特に社会人の場合は大切です。
というのも、アイピルや他のアフターピルの説明書などにも書いてあるのですが「副作用を伴うことがあります」と記載されています。

例えば風邪薬の場合、副作用で頭痛が出てきたとか、吐き気を催したなんて方は少ないかもしれませんが、アイピルの場合はそれよりも強い作用を体にもたらすということを覚えておきましょう。

そのため副作用として、頭痛やめまい、それに吐き気などが書いてありますが、通常、初めてアイピルを使用する方の場合これを伴う方が多いですし、2回目以降であってもこれを伴う方は毎月使用しているという場合ではない限り、毎回訪れるものだと思ってよいでしょう。

しかも、この吐き気や頭痛は一時的とはいえ、これが結構重いものですし、半日以上続くので仕事をしている方の場合、これが結構仕事に響きます。
ですので、このアイピルを使用する際には、ある程度の時間の余裕を持ったときに使用するのがベターでしょう。

できるだけ自分の仕事の休みの日に近づけることで、こういった副作用に対処することができますから「今、妊娠は避けたい」と考えている場合は性行為自体を休みの前の日などにする、もしくは有給を使用できるような状態にしておくなど、自分の体のコンディションを想定しておくということも必要になります。こうすることで、リラックスしてアイピルを使用できる上に何かあった場合でもすぐに対応することができます。